奈良県内でリフォーム、内装工事、介護住宅改修、新築工事など室内装飾工事業を営むインテリアキタモト

インテリアショップ キタモト(キタモト商会)
施工実績
介護保険を使った住宅改修
会社概要
Q&A
施工事例
インテリア・リフォーム
カーテン
シェード
ロールスクリーン
ブラインド
バーチカルブラインド
パネルカーテン
アコーディオン、間仕切戸
クロス
カーペット
カーペットタイル
床シート、フロアタイル
腰壁
コルクタイル
介護改修(リフォーム)
手摺り
段差解消
滑り防止、床材変更
扉の取替え
洋式トイレに変更
住宅・店舗トータルリフォーム
リフォーム
リフォーム 介護改修 キタモト商会
お問い合わせ・お見積もり
リンク
プライバシーポリシー
介護保険を使った住宅改修あなたは介護保険で、介護住宅改修費用の一部を支払ってもらえることを、ご存じですか?

要支援・要介護認定された方が、介護住宅改修(手摺りの設置など)をされた場合、市町村から一定限度内で実費が支給されます。

支 給 回 数 原則1回
例外として、要介護が3段階以上悪化した場合や、転居によるその住まいの住宅改修には、再支給が認められることもあります。
支 給 限 度 額 税込み20万円以内で、1割が自己負担。
つまり、最高20万円の改修工事費用のうち、9割(18万円)が市町村から支給され、自己負担額は1割(2万円)で済みます
〈立替払い方式にて〉
注 意 点 事前に認可が必要です。
「急ぎの場合で先に改修してしまった」ような場合には、保険適用が認められません。必ず、担当ケアマネージャーに相談されてから、必要と認められた箇所の住宅改修に取りかかるようにしましょう。
その点、当社にお任せ下されば、ケアマネージャーに代わる有資格者が、理由書等の書類作成もでき、心配なくすぐにでも施工にあたれます
一説に寄りますと、高齢者が転倒した場合、2〜3回に1度の割合で骨折するというデーターもあります。その骨折により寝たきり状態になるケースも多く、『転ばぬ先の杖』として介護度の低いうちに住宅改修されることをお勧めします。
介護保険が適用される住宅改修
種   類 内       容
@手摺りの取付 廊下・トイレ・浴室・玄関等に、転倒予防や移動,移乗動作の補助をする目的で設置
A床段差の解消 敷居を低くする工事,スロープを設置する工事,浴室のかさ上げ等
B滑りの防止,移動の円滑化等の為の床材変更

居室においては畳敷きから板製床材,ビニール系床材等への変更

浴室においては、床材の滑りにくいものへの変更
C引き戸等への扉の取り替え

開き戸を引き戸,折り戸,アコーディオンドア等に取り替える

ドアノブの変更,戸車の設置 等
D洋式トイレ等への便器取り替え 和式便器を洋式便器に取り替える
Eその他 これら工事に付帯して必要な工事  
当社施工例
トイレL型手摺ベースプレート付
浴室L型手摺、I型手摺
玄関框式手摺、木製踏み台

玄関ポーチ
外部アルミ手摺
トイレ入り口木製手摺
建具取手レバーハンドル
階段手摺
ノンスリップカーペット直貼
※特定福祉用具の購入費(腰掛け便座,入浴補助用具等、)も、1年間で10万円(税込み)まで同様に、9割の払い戻しが受けられますので、ご相談下さい
弊社はバリアフリーリフォームの専門集団「ミエちゃん工房企業組合」の組合員です。代表の小多 美恵子さんは、テレビ・ラジオ・雑誌等数多くのメディアに取り上げられている有名な方です。私たちは月1回の勉強会や、様々なイベントを通じて、お互いのバリアフリーリフォームに関する技術とノウハウ、スキルアップを計り、お互いに協力し合い、活動を続けています。